GAP認証

残留農薬分析

JGAP/ASIAGAP、GLOBALG.A.P.ともに、農場のリスク評価に基づいた農産物の残留農薬検査が、重要項目として求められています。残留農薬検査の計画は農場内で使用した農薬及びドリフトの可能性がある農薬のうち、残留の可能性が高いと思われる品目・農薬成分・収穫時期・場所から選定するか、または特に残留の可能性が高い成分を特定できない場合は、多成分セット分析を行い、リスク評価にお役立て下さい。

1. 多成分セット分析

国内に登録されている農薬から検出事例等を考慮し農薬を選定しました。使用農薬やドリフトのチェックにお薦めです。

セット名 内容 料金 納期
GAP200 国内登録農薬から検出事例等を考慮した200農薬を選定。
検査対象:国内産の生鮮農産物(茶を除く)
25,000円 3営業日
GAP290 国内登録農薬から検出事例等を考慮した290成分を選定(ネオニコチノイド系農薬7成分と難分解性POPs農薬7成分を含む)。国内登録農薬の約9割をカバーしたGAP認証専用メニュー。
検査対象:国内産の生鮮農産物(茶を除く)
50,000円 5営業日
GAP200
(玄米)
稲の国内登録農薬の89%をカバーし検出事例を考慮した国産玄米専用の200農薬セットメニュー。
検査対象:国内産の玄米
40,000円 5営業日
GAP200
(国産茶)
茶の国内登録農薬の86%をカバーし検出事例を考慮した国産茶専用の200農薬セットメニュー。GAPの定期検査や輸出前のチェックに。
検査対象:国内産の製茶・荒茶
40,000円 5営業日
新米キャンペーン中!
TAC250
(米)
米対象農薬と検出事例の多い農薬を250項目選定。稲に登録されているポジティブリスト対象農薬の87%をカバー
お米の検査キャンペーン期間(毎年8/16~12/31)中は30,000円
50,000円30,000円 5営業日

2. 個別定量分析

  • 実際に使用した農薬だけ個別に検査したい。
  • セット分析に農薬を追加したい。
  • 収穫直前に撒いた農薬だけ検査したい。
1農薬 12,000円~

検査の特徴

1.国内農産物に特化した検査メニュー

国産農産物に特化することで無駄な農薬を省き、中身の濃い残留農薬検査メニューになっております。

2.最新の高感度分析機器

高精度なGC/MS 、GC/MS/MS、LC/MS/MSを用いて測定を行います。

3.スピーディな検査

検体受付後、3~5営業日でご報告いたします。

4.分かりやすい報告書

最新の残留基準値を報告書に記載します。

5.ISO/IEC17025認定試験所

国際的に認められた、信頼性の高い試験結果をお客様へお届けします。ASIAGAP、GLOBALG.A.P.の国際認証に対応しております。
詳しくはこちら»

6.日本GAP協会の推奨検査機関

日本GAP協会の推奨検査機関及びGAP普及推進機構/GLOBALG.A.P.普及推進機構の賛助会員として、JGAP/ASIAGAP、GLOBALG.A.P.の認証に関わる検査のお手伝いをしております。

土壌分析

1. 土壌の安全性

土壌(客土・培土・水耕栽培の培地を含む)の安全性について年1回以上リスク評価し、必要な場合は安全性の評価項目として、ドリン系農薬などのPOPs物質の残留、重金属類、放射性物質等の検査を行いましょう。

(1) 土壌の残留農薬

過去に農場で広く使用された土壌残留性の高いDDTやドリン剤などの農薬が、国際的に残留性有機汚染物質(POPs)に指定され、確認と対応が求められています。

セット名 内容 料金 納期
GAP200(土壌) DDTやドリン系農薬などの難分解性農薬や検出事例の多い農薬を200農薬分析 50,000円 5営業日
難分解性POPs農薬
7項目セット
土壌残留性の高い難分解性のPOPs指定7農薬を分析
(BHC、DDT、ドリン剤3種、ヘプタクロル、クロルデン)
20,000円 5営業日
(2) 土壌の重金属分析

履歴がわからない農地や耕作放棄地は、建設残土や産業廃棄物の不法投棄による重金属等の汚染が心配されます。農耕地として適しているか、土壌診断だけでなく重金属汚染の有無を事前に確認しましょう。

セット名 内容 料金 納期
重金属4項目セット
(農地全般)
土壌環境基準の内、作物への影響が心配される重金属4項目(カドミウム、鉛、砒素、水銀)を分析します 20,000円 10営業日
土壌環境基準
28項目セット
土壌の汚染に係る環境基準に適合しているか、重金属、有機溶剤、農薬など全28項目の有害物質を測定します(特に過去の履歴が分からない農地や近隣に工場や焼却施設がある場合にお勧めします) 140,000円 15営業日

※試験協力機関:クリタ分析センター株式会社

2.肥料等の管理

(1) 適切な施肥設計

圃場の土壌特性を把握し、持続的な土地利用のための土作りや、適切な施肥設計を行うためには土壌診断が有効です。毎年定期的に分析を行い、診断結果を活用することで問題点を把握し健康な土づくりを持続的に行うことができます。

セット名 内容 料金 納期
土壌診断11項目セット
(主に畑作土壌)
EC、pH、CEC、石灰、苦土、加里、リン酸、
リン酸吸収係数、アンモニア態窒素、硝酸態窒素、腐植
8,000円 10営業日
土壌診断13項目セット
(主に水田土壌)
上記項目に鉄とケイ酸を追加 10,000円 10営業日

※試験協力機関:株式会社川田研究所(計量証明事業所)

(2) 肥料成分の把握と安全性

適切な施肥設計を行うために肥料成分の把握と、肥料の安全性の確認が求められています。特に堆肥は管理が不十分な場合、食中毒の原因となる農産物の汚染に繋がりますので、安全性を確認しましょう。

セット名 内容 料金 納期
堆肥成分分析8項目セット 自家製堆肥の主要成分量を把握しましょう(水分、全窒素、リン酸、加里、石灰、亜鉛、銅、炭素窒素比(C/N比)) 30,000円 10営業日
堆肥のクロピラリド 牛ふん堆肥に混入した農薬クロピラリドを分析 17,000円 5営業日
堆肥用微生物4項目セット 食中毒の原因となる家畜由来の糞便系大腸菌群、サルモネラ、リステリア、カンピロバクターを検査 16,000円 5営業日
腸管出血性大腸菌
(O-157)
農産物の汚染防止に堆肥中のO-157を検査 13,000円 7営業日
放射性セシウム
(NaI標準コース)
土壌・肥料の放射性セシウム134/137を測定 8,000円 3営業日

水質分析

農場で使用する水の水源は、農業用水、井戸水、河川水、ため池など様々ですが、水の種類や使用する工程に応じたリスク管理が求められます。

1.生産工程で使用する水の安全性

生産工程で使用する水が農産物に危害を与える要因がないか、リスク評価を年1回以上実施し、必要に応じて水質検査を行いましょう。

(1) 水稲で使用する農業用水

水稲の正常な生育のために望ましい灌漑用水の指標として、農業用水の基準が定められています。また、定期的に農業用水の汚濁指標と比較して水質を確認することはリスク管理に有効です。

セット名 内容 料金 納期
農業用水基準8項目セット pH、COD、SS、全窒素、EC、砒素、亜鉛、銅(水稲の正常な生育のために望ましい灌漑用水の指標項目) 20,000円 10営業日
農業用水汚濁指標4項目
セット
全窒素、アンモニア態窒素、COD、全リン(農業用水の汚濁程度を4段階に分類する分析) 18,000円 10営業日
(2) 水稲以外で栽培に使用する水の管理

水源が農業用水、河川水、ため池水の場合は目的用途に応じて定期的に検査を行いましょう。また、水源の周辺環境に変化があった地域や、大雨や洪水の後にも検査をお勧めします。

セット名 内容 料金 納期
水質汚濁4項目セット pH、生物化学的酸素要求量(BOD)、浮遊物質量(SS)、大腸菌群数(MPN)
(河川の環境基準4項目。河川水や農業用水の水質汚濁の指標項目)
20,000円 10営業日
水質重金属4項目セット カドミウム、鉛、砒素、総水銀
(農地に重金属を蓄積させない為にも栽培に使用する水の重金属を測定しましょう)
15,000円 10営業日
養液栽培用水2項目セット 一般細菌数、大腸菌数(MPN)
(養液栽培で使用される水は再利用または循環使用されることから、微生物汚染のリスクがあります)
8,000円 10営業日

2. 農産物取扱い工程で使用する水の安全性

農機具・収穫容器の洗浄、農薬の希釈に使用する水、収穫期近くに灌水する水、収穫後に収穫物の洗浄に使用する水は、より高い安全性が求められています。水質検査を年1回以上行い、大腸菌不検出であることを確認しましょう。

セット名 内容 料金 納期
飲用井戸水11項目セット 一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物、pH値、味、臭気、色度、濁度(井戸水を灌水、器具・容器洗浄、農薬希釈、収穫物の洗浄に使用する場合、定期的に検査しましょう) 10,000円 10営業日
飲料水基準51項目
セット
水道水以外を工程で使用する際は、最初に飲用適であることを確認する必要があります 150,000円 15営業日

3. 食品製造用水

食品取扱施設は、食品製造に井戸水などを使用する場合、水質検査を年1回以上行い、「飲用適」であることを確認し、成績書を1年間保存することが求められています。

セット名 内容 料金 納期
食品製造用水26項目
セット
食品衛生法に基づき、食品製造用水が、飲用適であることを確認しましょう(年1回以上) 50,000円 12営業日

※試験協力機関:クリタ分析センター株式会社(厚生労働大臣登録水質検査機関)

お見積内容入力フォーム

※は必須項目です。

お客様情報

団体名
担当者名
ご所属
ご住所

都道府県
市区町村番地
電話番号
FAX番号
メールアドレス
取得予定のGAP
認証農産物

お見積内容

残留農薬分析
セット名1
検体数検体 ※半角数字でご入力ください。
セット名2
検体数検体 ※半角数字でご入力ください。
土壌分析
セット名1
検体数検体 ※半角数字でご入力ください。
セット名2
検体数検体 ※半角数字でご入力ください。
水質分析
セット名1
検体数検体 ※半角数字でご入力ください。
セット名2
検体数検体 ※半角数字でご入力ください。
見積書宛名
送付方法
原本送付
特記事項

検査のご依頼

「ご依頼に際しての注意事項」をご確認の上、検査依頼書にご記入いただき、事前にFAXをお送りください。
ご依頼方法はこちら検査依頼書ダウンロード

検査項目 検査依頼書ダウンロード
029-858-3100 営業時間9:00~17:30

株式会社 つくば分析センター
〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター D-30
TEL.029-858-3100
FAX.029-858-3106
google Mapで見る お問い合せはこちら