残留農薬ISO/IEC 17025試験所認定

2006年5月29日に「ポジティブリスト制度」が施行され、農薬、動物用医薬品及び飼料添加物の約800項目に残留基準値が設定されました。さらに「ポジティブリスト制度」では、残留基準が設定されていない農薬等についても、一律基準(0.01ppm)が設定されています。
消費者が求める「安全・安心」「信頼」を維持するためには、産地の生産管理、出荷前の自主検査、原材料の品質管理など、ポジティブリスト制度に対応したリスク管理と残留農薬検査が重要となります。

残留農薬ニュース

多成分一斉分析のご案内

GC/MS、HPLC、LC/MS/MSを用いた残留農薬多成分一斉分析を迅速・高精度・低価格でご提供しております。生鮮農産物、加工食品、健康食品、生薬及びスパイスなど幅広いサンプルに対応可能です。
200農薬から520農薬のセットまで幅広いメニューから、サンプルの種類や検査の目的、ご予算に応じて最適なセットをご提案させていただきますので、お気軽にご雑談ください。

食品全般対象 一斉分析セット
セット名 検査
項目数
料金
(税別)
特徴 納期
A TAC 250(野菜) 250 50,000円 野菜対象農薬と検出事例の多い農薬を250項目選定。
野菜・漬物・加工食品等の残留農薬検査に
5営業日
B TAC 250(果物)
250 50,000円 果物対象農薬と検出事例の多い農薬を250項目選定。
果物・果汁・ドライフルーツ等の残留農薬検査に
5営業日
C TAC 250(穀類) 250 50,000円 穀類対象農薬と検出事例の多い農薬を250項目選定。
大麦・小麦・そば等の残留農薬検査に
5営業日
D TAC 250(米) 250 50,000円 米対象農薬と検出事例の多い農薬を250項目選定。
玄米・精米・米粉等の残留農薬検査に
5営業日
E TAC 250(豆類) 250 50,000円 豆類対象農薬と検出事例の多い農薬を250項目選定。
大豆・えんどう・小豆類等の残留農薬検査に
5営業日
F TAC 250(茶) 250 50,000円 茶対象農薬と検出事例の多い農薬を250項目選定。
緑茶・ウーロン茶・茶飲料等の残留農薬検査に
5営業日
G TAC 420 420 80,000円 有機リン系57項目を含む検疫所モニタリング項目(農産物全般)の76%をカバー
コストとスピードを重視したメニューで輸入食品に
5営業日
H TAC 520 520 150,000円 国内の登録農薬や輸入農産物で検出事例の多い農薬など幅広く選定。検疫所モニタリング項目(農産物全般)の88%をカバー
輸入食品のポジティブリスト対策に
7営業日
輸入食品対象 検疫所モニタリングセット
セット名
2015年度版にリニューアル!
検査
項目数
料金
(税別)
特徴 納期
I TACモニタリング(農産物)
NEW
321 80,000円 「平成27年度輸入食品等モニタリング計画」に基づき検疫所が実施するモニタリング検査項目の内、畜産・水産食品を除く90%の検査項目をカバー 5営業日
J TACモニタリング(野菜)
NEW
294 70,000円 平成27年度検疫所モニタリング検査(野菜)の検査項目を90%カバー 5営業日
K TACモニタリング(果実)
NEW
254 70,000円 平成27年度検疫所モニタリング検査(果実)の検査項目を90%カバー 5営業日
L TACモニタリング(穀・豆・種)
NEW
261 70,000円 平成27年度検疫所モニタリング検査(穀類、豆類及び種実類)の検査項目を92%カバー 5営業日
M TACモニタリング(茶)
NEW
216 60,000円 平成27年度検疫所モニタリング検査(茶)の検査項目を94%カバー 5営業日
国内生産者・直売所限定 特別セット
セット名 検査
項目数
料金
(税別)
特徴 納期
N TAC 200(国産) 200 30,000円 国内登録農薬から検出事例等を考慮した200成分を検査(農水省H25年国内農産物調査で検出した農薬の83%をカバー)
GAP認証に関わる定期検査や出荷前検査に
検査対象:国内産の生鮮農産物(茶を除く)
3営業日
O TAC 290(国産) 290 60,000円 国内登録農薬のうち約8割をカバーした290成分を検査(ネオニコチノイド系農薬7成分を含む)
(農水省H25年国内農産物調査で検出した農薬の96%をカバー)
ドリフトの確認やより高い安全性をアピールに
検査対象:国内産の生鮮農産物(茶を除く)
5営業日
P TAC 180(国産茶)NEW 180 40,000円 茶の国内登録農薬と残留基準を考慮した国産茶専用メニュー
GAPの定期検査や輸出前のチェックに
検査対象:国内産の製茶・荒茶
5営業日
Q TAC 200(土壌) 200 50,000円 土壌に残留性の高い農薬や検出事例の多い農薬を選定
農地の取得や転作の前に土壌のチェックに
5営業日

個別定量分析のご案内

  • 実際に使用した農薬だけ個別に検査したい
  • 輸入食品の命令検査項目だけ検査したい
  • 多成分一斉分析に農薬を追加したい


個別定量分析をお勧めいたします。検査の可否、納期、金額は農薬の種類によって変わりますので、お気軽にお問い合わせください。

CG/MS  HPLC  実験風景

TACでは農薬の使用履歴や過去の違反事例など、お客様の検査目的とご予算に応じてカスタマイズした、オリジナルセット分析をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

検査のご依頼

「ご依頼に際しての注意事項」をご確認の上、検査依頼書にご記入いただき、事前にFAXをお送りください。
ご依頼方法はこちら検査依頼書ダウンロード

検査項目 検査依頼書ダウンロード
029-858-3100 営業時間9:00~17:30

株式会社 つくば分析センター
〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター D-30
TEL.029-858-3100
FAX.029-858-3106
google Mapで見る お問い合せはこちら